メニュー

メタルボンド

これは特別に難しい技術ではありませんが、美しさ、審美性の追求は、かなりの重要事項です。メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)なら、長期にわたって変色することがなく、かなり細かく色を合わせられるので、私ども森本歯科医院では、色見本と共に写真を撮し、忠実に色や形を再現します。もし患者様に、色や形等でOKをいただけなければ、OKをいただけるまで、何度でもやり直します。(保険の歯は、数年もたてば、かなり変色してきますので、このような厳密な色合わせは行っておりません)

また、新しい技術として、フレームの金属をまったく露出させないフルポーセレン・メタルボンドも、皆様にご好評を頂いております。色調も強度も、最高レベルのものを皆様にご提供できていると自負いたしております。フルポーセレン・メタルボンドの解説は、ここをクリックして下さい。

上顎前歯のメタルボンド症例

File00021-400x290

前歯をきれいにしたいと来院された患者様。色、形ともに不十分な歯が入っています。世界標準の色見本とともに、写真撮影。細かい部分がよく分かるように、アップの写真も撮しておきます。

石こう模型上のメタルボンド。左が、表側から見た状態。右が、裏側から見た状態です。森本歯科では、裏側にもほとんど金属を出さないようにして、笑っても金属が見えないようにしております。(フルポーセレン・メタルボンドなら、まったく金属を見せないことも可能です)

File00031-400x252

メタルボンドを入れる前の状態です。

File00071-400x259

メタルボンドを入れたあとの状態です。

メタルボンドを入れたあとの状態です。
歯周病の治療もしてあるので、最初の写真に較べて、歯に接している歯肉の赤さや腫れがなくなり、歯肉炎が解消していることにも注目して下さい。

上顎小臼歯のメタルボンド症例(フルポーセレン・メタルボンド)

MB-3920-1-400x223

右上第一小臼歯(4番)を、きれいにしてほしいと、ご来院いただいた患者様。古い金属冠が入っていて、歯質自体も灰色っぽく変色していました。

MB-3920-2-400x223

根尖病巣もあったので、まず根管治療を行って支台を築造。フルポーセレン・メタルボンドのための形成・印象を行いました。
フルポーセレン・メタルボンドを入れる前の状態です。

MB-3920-3-400x223

フルポーセレン・メタルボンドを入れた状態です。色・形をご確認いただき、OKをいただいた上で装着しました。

フルポーセレン・メタルボンドですので、口を大きく開けて笑ったとしても、フレームの金属はまったく見えません。(鏡像ですので、左右が反対になっています)

装着前の模型上でのフルポーセレン・メタルボンドです。上が頬側(外側)、下が口蓋側(裏側)です。
フレームは金属ですので、強度も充分に確保されています。

フルポーセレン・メタルボンドの解説

私ども森本歯科医院では、『目新しい技術よりも、確立された技術で』という基本方針にのっとって、自費で白い歯をおかぶせする場合には、メタルボンドをお勧めしております。
歯と同じ色のかぶせ物は、メタルボンド以外にも何種類かありますが、どれも強度的に弱く、ジルコニアを始めとするオールセラミックも、メタルボンドよりは明らかに強度が落ちます。
オールセラミックは、金属を使わないので、金属アレルギーが起きないという長所はありますが、金属アレルギーのない患者様にとって、特に大きなメリットのある方法とは思えませんし、奥歯にいくつも金属が入っているのに、一部分の歯だけ金属を避けても、意味があることとは思えません。
どのような場合でも同じですが、自費の場合は特に、長持ちする方法をお勧めするのが、歯科医師としての正しい選択だろうと思っております。ただ単に新しい方法だから、社会的に話題になっている方法だからといって、患者様にほとんどメリットのない方法をお勧めしたいとは思いません。
メタルボンドなら、フレームに金属を使っていますので、丈夫で、しかも微細なステイン(歯の着色やシミ)まで忠実に再現するための、技術的な蓄積も豊富です。しかも森本歯科医院のメタルボンドは、最近ではほとんどフルポーセレン・メタルボンドを使わせていただいておりますし、前歯等のむずかしい症例であっても裏側にほとんど金属を露出させずにすませますので、大きな口を開けて笑っても、金属が見えることはありません。
もちろん、金属アレルギーの患者様には、オールセラミックを使います。もしも金属アレルギーの疑いのある患者様があれば、皮膚科の先生にお願いして、パッチテストをしていただくようにしておりますが、実際に金属アレルギーと診断された患者様は、過去に一例あっただけで、めったにないものと認識しております。
なお、ステインは、中高年の男性にはリアルさを表現するために前向きに使いますが、女性や若い方には、ひかえめにします。他の歯の状態や患者様のお好みに応じて、ステインを使い分け、必ず鏡を見て確認していただき、色や形等のOKをいただいた上で、装着するようにしています。
また、当院の審美歯科治療は、メタルボンドだけではありません。隣接面齲蝕における、セパレーターを使用したレジン充填も、審美歯科治療の一環と考えております。

前のページ 次のページ

トップへ

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME